台湾ASUSTeK、新型5.5インチ「ZenFone」を2015年1月に発表か

どうやら、着実にシェアを伸ばしているようです。

「禅」という、多くの日本人にはなじみの深い単語と概念をその製品コンセプトに採り入れてきたことで知られる台湾ASUSTeK。その「Zen」シリーズに属するスマートフォンブランド「ZenFone」ですが、今回新たなZenFone端末に関する情報がリークされました。

ZenFoneの画像

海外メディアPhone Arenaが伝えるところによると、ASUSTeKは「2015年1月」に開催される「CES 2015」にて、「5.5インチディスプレイ」を搭載した新「ZenFone」を含む新世代モデル群を発表する見込み、とのことです。

既に、ASUSTeKは「4インチ」、「5インチ」、「6インチ」という3サイズのZenFoneを広く展開していますが、「5インチは小さいけど、6インチは大き過ぎる」という消費者のわがままに応えて、その中間サイズのデバイスを新たに製造ラインへと加えることを決定したものと思われます。

ZenFoneの画像2

海外メディアDigiTimes曰く、ASUSはこの5.5インチモデルを含む「新世代」のZenFoneシリーズを米国市場内で積極的にプロモーションを掛けていく計画とのこと。また、新世代のZenFoneは「LTE通信機能」の追加を中心に、全体的に性能・機能のブラッシュアップが図られることになるものの、引き続き「コストパフォーマンスの高さ」は維持されることが予測されています。

さておき、とある海外アナリストの予測では、ZenFoneの売り上げは今年中にも「750万から800万台」へと達し、来年には「1600万台」にも達する見込みとのことですが、果たしてそう都合よく倍々ゲームで事は運ぶのでしょうか。ここがASUSの正念場と言えそうです。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます