Facebookとサムスンのパートナーシップは、「VRヘッドセット」の製造に関するものか

Facebook phoneの復活よりは、遥かに現実味のある話のように聞こえます。

米Facebookが韓国サムスンの協力の下、新たなFacebook phoneの開発・発表を計画しているという情報をお伝えしたのも、ほんの昨日のことでした(過去記事)。

しかし、15日(現地時間)海外メディアPhone Arenaが伝えるところによると、先の情報は誤りで、両者は目下スマートフォンではなく「VRヘッドセット」の開発においてのパートナーシップ形成を推進中、とのことです。

GearVRの画像

先にお伝えした件について韓国メディアThe Korea Timesは、先日FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグ氏がサムスンの副議長との会談の為に韓国に訪れたのは、両者の間にVRヘッドセットの開発に関する開発協力体制を構築する為だったことを指摘しています。

さて、上の画像は既に発表されているサムスン製のVRヘッドセット「Gear VR」のもの。そして、ここで実に興味深いのは、このGear VRは今年の7月にFacebookによる買収が完了したばかりの、米Oculus VR, Inc.の協力の下に開発されたデバイスであるという事実です。

このことはとりもなおさず、間接的にではあるものの、既にサムスンとFacebookの間には明確な繋がりが存在していたことを意味すると共に、今回の情報の信憑性を高めるための材料としては十分に足るもののように思えます。

ザッカーバーグ氏の画像

Facebook CEOマーク・ザッカーバーグ氏

ともあれ、現時点では迂闊な予測を立てることが憚られるほどに、情報が漠然とし過ぎているのもまた事実。しかしながら、いずれ両者によって共同で開発されたVRヘッドセットが登場することは、少なくとも新型Facebook phoneが登場する可能性よりは、遥かに現実的であると言えそうです。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます