とうとう、Androidユーザー待望のアプリが登場することになりそうです。

つい先日、iPad向けに最適化が施されたOfficeアプリが、米Microsoftから正式にリリースされたことはまだ記憶に新しいところです。今回、海外メディアAndroid Centralが伝えたところによると、11月上旬にも新たにAndroidデバイス向けの “フル機能版” Officeアプリが提供開始となる、とのことです。

Office for Androidの画像

Android Central曰く、今回の情報は、海外メディアZDNetに属する確かな情報筋として著名なメアリー・ジョー・フォリー氏経由のものとのこと。同氏は、この完全版Officeアプリが11月上旬の提供開始となる可能性を指摘しています。

これまでにも、Androidデバイスには無料版のOfficeアプリが提供されてはいましたが、あくまでも無料相応の「機能制限版」となっていました。しかし、今回新たに提供されるOfficeアプリ(Word、Excel、PowerPoint)は、毎月6.99ドル(約761円)のサブスクリプションを支払うことで、デスクトップ版と同等の機能をAndroidデバイス上で利用することが可能になります。

ちなみに、文書を閲覧するだけであれば、毎月のサブスクリプションを支払う必要はありません。

Office for iPadの画像

「Office for iPad」

もはや簡単な文章編集やExcelの操作程度であれば、タブレットでもそこそこ快適にこなせることになりそうです。人によってはノートPCを持ち運ぶ必要すらなくなってしまうかもしれません。

さておき、日本に住む我々がこのアプリを利用できるようになるのは、一体いつのことになるのか。Microsoftの迅速な対応に期待です。

[Android Central]