ついに、欠けていた最後のピースが埋まりました。

韓国サムスンから、近日中にも市場に投入されることが強く見込まれる「Galaxy A」シリーズ。新たに登場するその3モデルの内、唯一未だに多くが謎に包まれていた「Galaxy A7」のスペックに関する情報が、今回新たに判明しました。

A7のスペックデータ

上の画像は、「GFXBench」上に登録されていた「Galaxy A7」のスペックシートです。発見されたデータによると、SoCには64-bit対応のオクタコア「Snapdragon 615」が搭載される一方で、これまでに「5.5インチ」と伝えられていた情報とは異なり、「5.2インチ」ディスプレイを採用。

そのほか、2GB RAMと16GB内蔵メモリを搭載し、ミッドレンジ級の端末としては十分なスペックに。また、海外メディアGSMArena曰く、メインカメラとフロントカメラはそれぞれ、1,200万画素と500万画素のものが採用されているとのことです。

Galaxy A7とされる画像

「Galaxy A7」のものとされる画像

さて、今回ついに噂される3モデルの主なスペック情報が揃い踏みとなった形になりますが、残念ながら具体的にどのタイミングで登場するかは未だ判然としません。

しかしながら、既に「A3」と「A5」がFCCやTENAAの認証を通過していることを鑑みるに、近日中にも中国市場などに向けて投入されることになるものと思われます。続報が入り次第、追ってお伝えします。

[GSM Arena]