Google Glass用アプリ「Captioning on Glass」登場

「これはすごい」。思わず、そう口に出してしまいました。

「グラス型」のウェアラブルデバイスの代名詞とも言える「Google Glass」。鳴り物入り的に登場して以来、常に開発者たちの注目の的で有り続けるこのデバイスに、とりわけ聴覚に関して不自由の有る方々にとって、実に画期的なアプリがもたらされました。

Google Glass画像

そのアプリの名は、「Captioning on Glass」。ジョージア工科大学の研究チームによって、主に聴覚に不自由のある人々の為に開発されました。

このアプリを利用することで、Google Glassと接続したスマートフォンに搭載されたマイクを介して、発話者の発言内容を “リアルタイム” でGoogle Glassのディスプレイ上に「キャプション表示」することが可能になる、とのことです。

つまり、聴覚に不自由のある方とのコミュニケーションにおいても、筆談や手話を必要とせず、リアルタイムでの意志疎通を実現することができるようになるとされています。以下、「Captioning on Glass」のデモ映像です。

映像内では、発話者が無線接続したスマートフォンに向かって話しかけた内容が、そのままGoogle Glass上に「キャプション表示」されている様子が確認できます。

研究チーム曰く、米グーグルの提供する音声認識機能を利用してこのアプリは実現されているとのこと。また、Google Glassに搭載されているマイクではなく、敢えてスマートフォンのマイクを利用するのは、前者は主に装着者の声を認識する為のものであるが故だそうです。

今後、研究チームはリアルタイムでの音声「翻訳」機能の実装を目指すとのことですが、仮に実現すれば海外旅行などでも大いに力を奮ってくれることになりそうです。

ともあれ、このアプリは既に、Google Playストアで「無料」での入手が可能です。Google Glassと興味をお持ちの方は、一度トライしてみるのもまた一興かと。

[androidcentral / Google Play]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます