米グーグル、米Intel製モバイルSoC向けの「64-bit Androidエミュレーター」の提供を開始

Android OSの本格的な64-bit化の幕開け、と言ったところでしょうか。

11日(現地時間)、海外メディアGSM Arenaが伝えるところによると、米グーグルが米Intel製のモバイル向け64-bit SoCプラットフォームに対して、「Android L 64-bit」エミュレーターの提供を開始した、とのことです。

Silvermont コアの説明図

Intel製CPUファミリー「Silivermont」の説明図

今回グーグルがリリースしたエミュレーターは、Intelの「Bay Trail-T」を始めとする64-bitコンピューティングに対応するSoC群のみに対応するものです。つまり、開発者がこのエミュレーターを利用することで作成できるのは、Intel製チップ用のアプリのみに限定されるということに他なりません。

どうやら、残念ながら64-bit ARMv8アーキテクチャを採用したSoC向けのエミュレーターの配布開始には、もうしばしの時を必要とする模様です。

またGSM Arena曰く、Javaでプログラミングされたアプリは自動的に64-bit化の恩恵を受けられるものの、その為には予めAndroid NDKに幾つかの「最適化」を施す必要があるとのことです。

IntelのモバイルSoCロードマップ

当初のロードマップでは「2014年第3四半期」には登場しているはずの「Cherry Trail」

Bay Trailなどの一部のIntel製SoCは既に64-bit OSに対応しているため、ライバルのARM陣営に先んじて提供された形になりましたが、果たしてIntelはそのアドバンテージをどこまで活かすことができるのでしょうか。

さておき、Bay Trailファミリーを置き換えるとされる「Cherry Trail」ファミリー。彼らに関するアナウンスが、このところぱったりと止んでしまっているのがどうにも気がかりです。噂では2015年以降に延期されたとのことですが、果たして。

[GSM Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます