中国Huawei「Honor 4X」 TENNAの認証を正式通過 ―わずか1万4千円

果たして、Xiaomiの独走を食い止めることはできるのでしょうか。

今や中国市場の覇権を握ることに成功したXiaomiですが、当然ライバルであるHuaweiがその現状に甘んじ続ける訳はありませんでした。今回、海外メディアPhone Arenaが伝えるところによると、Xiaomi製の「低価格スマートフォン」への直接の直接の対抗製品となる、Huawei製「Honor 4X」が正式にTENAAの認証を通過したとのことです。

Honor 4X 1

既に「150ドル」(約1万6千円)という価格で販売され、中国国内で人気を博しているXiaomiの「Hongmi」と「Redmi」シリーズ。そんな彼らに対抗すべく生み出されたこのデバイスは、彼らを下回る「130ドル」(約1万4千円)という価格にて提供されることになる見込みです。

またスペックに関しても、その低価格さを鑑みれば、十分に充実したスペックと言えるように思われます。以下、TENAAに登録されていたHotor 4Xの主なスペック。

OS Android 4.4.4 KitKat
ディスプレイ 5.5インチ HD(1280×720)ディスプレイ
SoC Qualcomm 1.2GHz駆動 64-bit Snapdragon
RAM 2GB
メインカメラ 1,300万画素
フロントカメラ 500万画素
ネットワーク LTE通信対応

搭載される64-bit OS対応のSoCは、おそらく「Snapdragon 410」であると思われます。また、SoCこそ64-bit対応ですが、実際に搭載されるOSは32-bit版にとどめられることに。残念ながら、将来的にAndroid 5.0にアップグレードされるかどうかは、現時点では判然としません。

Honor 4X 2

さておき、中国製スマホのコストパフォーマンスの高さには、毎度のことながら驚かされます。最近は「信頼性」というかつての彼らの製品に欠けていた側面も、徐々に徐々に高められ続けているように思われます。

是非とも、日本のメーカーも「グローバル」な視点を持って、世界にもアピールできる個性的で魅力的な製品をどんどん世に送り出して欲しいところです。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます