「HTC One (M8) max」、5.5インチWQHDディスプレイを搭載して登場か

まさに「モンスター級」の端末になりそうです。

ここ最近、実に精力的な製品展開を続ける台湾HTCですが、今回 “5.5インチWQHD(2560×1440)ディスプレイ” を搭載するファブレット端末「HTC One (M8) max」を市場に投入する計画であるとの情報が新たにリークされました。

HTCのロゴ

海外メディアMyDriversが伝えたところによると、この「HTC One (M8) max」はまさにフラッグシップと呼ぶに相応しい「モンスター級」のスペックの端末として登場することになるとのことです。今回、リークされたスペックは以下の通り。

  • 5.5インチWQHD(2560×1440)ディスプレイ
  • 2.7GHz駆動 クアッドコアSnapdragon 805
  • 3GB RAM
  • 1,800万画素メインカメラ(OIS搭載 / 光学手ブレ補正)
  • 3,000mAhバッテリー
  • 指紋認証センサー搭載(本体背面)

その他、OSには「Android L」、カスタムUIとして「Sense 6.5」が実装されるとのこと。もし仮にこの通りのスペックで登場すれば、直接のライバルとなる「iPhone 6 Plus」や「Galaxy Note 4」だけでなく「LG G3」にもまったく引けをとらないパフォーマンスを発揮することになりそうです。

さて、気になる登場時期と価格についてですが、残念ながら今回の情報では言及されず、続報を待つ必要があります。しかしながら、これ以上ライバル達に水をあけられない為にも、おそらくそう遠からぬ内に正式に発表されるものと思われます。

[MyDrivers(中国語・翻訳版) via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます