iPad Air 2には、「A8X」プロセッサが搭載か ―拡大画像が公開

言われてみれば、「X」の文字が記載されているようにも見受けられます。

これまで、iPad Air 2には「A8X」プロセッサが搭載されるという情報がまことしやかに囁かれてきたものの、それを証明するような情報はついぞリークされてきませんでした。しかし、今回その噂の信憑性を高め得る画像が、新たに公開されました。

iPad Air 2のロジックボード

こちらの画像は、先日お伝えした「iPad Air 2」のものとされるロジックボードのものです(過去記事)。そして、この画像の中央に鎮座するプロセッサ部を拡大したものが、下の画像になります。

iPad Air 2のロジックボード拡大図

この画像は海外メディア9to5Macによって公開されたものですが、彼ら曰くプロセッサ上に記載されている文字は「A8X」である、とのこと。とはいえ、無理に拡大したために画像が荒れており、おぼろげにしか文字を読み取れず。しかし、確かに言われてみればリンゴのマークの右脇に「A8」の文字と、その更に右脇に「何かしらの文字」が刻印されているように見えなくもありません。

個人的に見る限りでは、「A8」の右隣の文字は指摘されるように「X」であるような気もするのですが、正直なところ、この画像をもってして「A8X」プロセッサの存在を断言することは難しいと言わざるを得ません。

ともあれ、「RAMが2GBに倍増される」、「更なる高解像度のディスプレイを搭載する」という噂と合わせて、どこまで「iPad Air」からの性能向上を実現させるのか。16日(現地時間)の発表イベントが、実に待ち遠しい限りです。

[GSM Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます