KDDIがFirefox OSベース開発ボード「Open Web Board」とアプリ開発ツール「Gluin」を正式に発表

いずれauスマートフォンにも、Firefox OSがもたらされる日が来るのでしょうか。

3日、KDDIは「Firefox OS」ベースの「組み込み機器」や「webプラットフォーム」向けの開発ボード「Open Web Board」と、そのアプリケーション開発ツール「Gluin」を正式に発表しました。

KDDI発表画像

KDDIの発表したところによると、このスティック型の開発ボード「Open Web Board」には「Bluetooth LE」規格による通信機能が搭載されており、Bluetooth LEの通信を介して他の対応機器との接続を可能にしているとのことです。また、市販の「Zigbee」通信モジュールと接続することにより、多種多様な組み込み型の電子機器との通信・連携も可能になります。

なお、「Gluin」は “PCブラウザ上の操作だけで容易に電子機器同士の連携プログラミングを可能とする” 点をその最大の特徴にしており、グラフィカルなUIの実装により、プログラミングに精通していない人でも、直感的に機器同士の連携プログラミングを組み上げることを可能にしていることが強調されました。

FirefoxOSロゴ

このOpen Web BoardとGluinは、10月5日にMozilla Japanが主催する「Mozilla Open Web Day in Tokyo」にて展示とデモンストレーションが行われる見込みです。さらに興味深いのは、KDDIが10月下旬以降に順次開催を予定している開発者向けのイベントにて、この開発ボードが無償提供される計画であることも明らかにされました。

また、これらの提供に先立ち、開発者同士での交流やアイデアの共有などを目的としたコミュニティサイト「au Firefox OS Portal Site」が、同じく10月5日から立ち上げられるとしています。

「KDDIによるFirefox OSプラットフォームの普及推進」。果たして、今回のことは日本におけるFirefox OSの夜明けとなるのでしょうか。今後のKDDIとFirefox OSの動向に要注目です。

[KDDI]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます