中国Lenovo、「モトローラ」ブランドの新型タブレット端末の投入を計画

モトローラ製のタブレット端末を最後に拝んだのは、果たして何年前のことだったか。

海外メディアAndroid Authorityが14日(現地時間)に伝えるところによると、中国Lenovoは買収した米モトローラのブランドを冠した、「新型タブレット端末」の投入を計画していることが明言された、とのことです。

Lenovoタブレットの画像

今回伝えられた情報は、LenovoのCEOであるヤン・ユァンチン氏の最近の発言に端を発します。既にLenovoは独自ブランドのタブレット端案を幾つもリリースしていますが、それに加えて「モトローラ」ブランドの端末も展開していくとのこと。

Android Authorityは、この計画は、ヨーロッパ市場や米国市場などにおいては、まだまだ「モトローラ」の持つブランド力・知名度が大きいことを鑑みて練られたものであることを指摘しています。

しかし、一方で中国などの「Lenovo」の御威光の方が強い場所においては「Lenovo」ブランドを押し出していく見込みとのことですので、どうやら二足のわらじを巧みに履き替えていく戦略を取る模様です。

Motorola Xoomの画像

画像は「Motorola Xoom」のもの

また、とあるアナリストは、既にタブレット市場は円熟期を迎えており、その成長度は鈍化の傾向にあることを指摘。曰く昨年度比で「12.4%」の成長とのこと。Lenovoは既にAppleとSamsung製のタブレットで飽和しつつある市場に、「デュアルブランド戦略」をもって割り込みをかける心積もりのようです。

とはいえ、残念ながら今回、いつ頃この「モトローラ」ブランドのタブレット端末が市場に投入されるかには言及されず。どうやら、登場にはもうしばらくの時を待つ必要がありそうです。

[Android Authority]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます