レノボ、新型Androidタブレット「YOGA Tablet 2」と「YOGA Tablet 2 Pro」正式発表

果たして、Intel製SoCのパフォーマンスやいかに。

10日未明、中国Lenovoは「YOGA」シリーズに属する、Androidタブレットの新モデル群を正式に発表しました。今回、発表されたのは「YOGA Tablet 2」(8インチモデル / 10インチモデル)と「YOGA Tablet 2 Pro」の計3モデル。

Yoga 2の画像1

今回、発表された3つのAndroidタブレットに共通する大きな特徴としては、新たな「変形モード」が追加されたことです。

これまでの「YOGA」タブレットシリーズは、上の画像にあるようなホールドモードに、立て掛けて使用するスタンドモード。そして斜めに寝かせるチルトモードの3つでした。今回それに加えて4つ目となる “壁などにぶら下げて使用する” ハングモードが追加されました。

Yoga 2 Proの画像1

「ハング」モードのイメージ図

そのほか、全モデル共通してIntel製のSoCを搭載している点にも要注目です。また、それ以外のスペックに関しては、ディスプレイのサイズが明確に異なる点を除けば、比較的同等のスペックに仕上げられています。以下、モデル別のスペックです。

YOGA Tablet 2

Yoga 2の画像2

  • ディスプレイ:8 / 10インチ WUXGA(1920×1200)ディスプレイ
  • SoC:1,86GHz駆動 Intel Atom Z3745
  • RAM:2GB
  • 内蔵メモリ:16GB(64GBまでのmicroSDカード対応)
  • メインカメラ:800万画素(AF搭載)
  • フロントカメラ:160万画素
  • バッテリー:18時間
  • OS:Android 4.4 KitKat
  • ネットワーク:4G(一部地域のみ)/ 3G (WCDMA, GSM/EDGE)
  • Wi-Fi:デュアルバンドWi-Fi 802.11 b / g / n
  • Bluetooth:Bluetooth 4.0
  • 本体重量:419g(8インチモデル)/ 619g(10インチモデル)

 

YOGA Tablet 2 Pro

Yoga 2 Proの画像2

  • ディスプレイ:13.3インチ QHD(2560×1440)ディスプレイ
  • SoC:1,86GHz駆動 Intel Atom Z3745
  • RAM:2GB
  • 内蔵メモリ:32GB(64GBまでのmicroSDカード対応)
  • メインカメラ:800万画素(AF搭載)
  • フロントカメラ:160万画素
  • バッテリー:15時間
  • OS:Android 4.4 KitKat
  • ネットワーク:4G(一部地域のみ)/ 3G (WCDMA, GSM/EDGE)
  • Wi-Fi:デュアルバンドWi-Fi 802.11 b / g / n
  • Bluetooth:Bluetooth 4.0
  • 本体重量:950g

「YOGA Tablet 2」と比べると、ディスプレイのサイズが大型化し、解像度も向上。内蔵メモリの量が倍増し、一方でバッテリーライフは短縮。そしてサイズの大型化に伴って、本体重量が増加しています。

また、このYOGA Tablet 2 Proの最大の特徴は、「ピコプロジェクター」を搭載している点にあります。解像度は「854×480」とあまり高解像度ではありませんが、デバイス上で起動しているアプリや映像などを、壁やスクリーンに投影することを可能にしています。

Yoga 2 Proの画像3

YOGA Tablet 2 Proに搭載されているピコプロジェクタ

入手時期と価格

海外メディアAndroid Authorityが伝えるところによると、「YOGA Tablet 2」タブレットは10月9日より、レノボのオンラインショップにてそれぞれ「249.99ドル」(約2万6000円)と「299.99ドル」(約3万2000円)で発売開始されるとのことです。また、「YOGA Tablet 2 Pro」の発売時期に関しては10月上旬とぼかされており、また価格は「499.99ドル」(約5万3000円)に設定される見込みです。

 

※リンク先に、両モデルをより詳細に捉えた画像が多数掲載されていますので、興味のある方はご参照下さい。

[Android Authority]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます