真のラウンドフォルムを実現した「LG G Watch R」 14日韓国で発売へ

“真のラウンドフォルム” 型スマートウォッチ、その登場が間近に迫ります。

海外メディアNeowinが伝えるところによると、世界初となる “完全なるラウンドフォルムディスプレイ” を搭載した韓国LG製のスマートウォッチ「LG G Watch R」が、「10月14日」から韓国市場にて発売が開始されることが明らかにされた、とのことです。

LG G Watch Rの画像

「ラウンドフォルムを採用したスマートウォッチ」と聞けばまず多くのガジェットファンの脳裏に浮かぶことであろう「Moto 360」。しかし、Moto 360はディスプレイ下部の一部に黒い半円状の「未表示領域」が存在するため、「完全なるラウンドフォルム」とは呼べないものとなっていました。一方、今回韓国市場向けの発売日が決定された「LG G Watch R」は、その意味において完全なるラウンドフォルムを実現。

また、デザインもさることながら、そのスペックにおいてもG Watch Rは他メーカー製のライバルを引き離しに掛かっています。以下、判明したスペックです。

  • 1.3インチ 320×320 P-OLEDディスプレイ
  • 1.2GHz駆動 Snapdragon 400
  • 512MB RAM ・4GB内蔵メモリ
  • 410mAhバッテリー
  • Android Wear(Android 4.3以降)
  • 9軸センサー搭載
  • ジャイロセンサー、加速度計、コンパス、圧力計、心拍計 搭載
  • IP67相当の防水機能

ちなみに、本体重量はわずか「62g」と、かなり軽量な仕上がりに。またNeowinは、「省電力性能」に定評のあるOLEDディスプレイと「410mAh」というスマートウォッチにしては「贅沢な」バッテリーの存在をその根拠に、G Watch Rが優れたバッテリーライフを実現している可能性を示唆しています。

残念ながらその真偽の程は定かではないものの、仮にスマートウォッチ最大の弱点であるその点が改善されているとすれば、市場へのアピールポイントとしては実に魅力的に響きそうに思えます。

さておき、このG Watch Rは「299ドル」(約3万2千円)でまず韓国市場向けに発売されるとのこと。いずれ日本市場を含む海外市場にも投入されることと思われますので、スマートウォッチに興味のある方は候補に入れておいてもいいかもしれません。

[Neowin]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます