「LG G Watch R」、11月上旬より各国市場に出荷開始へ ―まずはヨーロッパより

いずれ、日本にも投入されることになるのでしょうか。

つい2週間程前に、韓国にて発売が開始されたばかりの “真のラウンドディスプレイ” を搭載した「LG G Watch R」。今回、韓国LGは「11月上旬」にも世界各国市場に対しての出荷を開始することを、正式に発表しました。

LG G Watch Rの画像1

海外メディアAndroid Authorityが伝えるところによると、LG G Watch Rは「11月上旬」にまず「ヨーロッパ市場」(フランス、スペイン、英国)に対して投入され、次いで「米国市場」や「アジア市場」へも出荷が開始されるとのことです。しかしながら、現時点では具体的なタイムスケジュールや価格については、判然とせず。

以下、おさらいの意味を込めたLG G Watch Rの主なスペックと、Android Authorityが撮影した同機のハンズオン映像です。

OS Android Wear
SoC Qualcomm Snapdragon 400
RAM 512MB
内蔵メモリ 4GB
バッテリー 410mAh
センサー類

ジャイロセンサー
加速度センサー
コンパス
気圧計
心拍計

そのほか、「IP 67」相当の防塵防滴性能を実装しています。

ついに、「Moto 360」以外の「ラウンドフォルムデザイン」の選択肢がほとんど存在しない現状を、大きく打破する存在が世界デビューと相成ります。さておき、アジア市場にも投入されるとのことですが、果たしてそこには「日本」も含まれているのか。早ければ11月中にも、判明することになりそうです。

[Android Authority]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます