韓国LG「Liger」の一部スペックが新たにリーク ―「NUCLUN」SoC搭載

どうやら、韓国市場限定発売となりそうです。

「韓国LGが自社製SoC「Odin」を搭載した「Liger」なる端末を市場に投入するかもしれない」という情報を昨日お伝えしたばかりですが(過去記事)、早くも続報です。

海外メディアPhone Arenaが22日(現地時間)に伝えるところによると、新たに「Liger」のスペックを捉えた画像がリークされた、とのことです。

LG Ligerのスペックシート

上の画像が、今回新たにリークされた画像ですが、はっきりと「LG F490L Liger」の名称とその主なスペックを確認することができます。しかし数ある情報の中でも最も着目すべきは、搭載されるSoCの名前でしょう。

「NUCLUN」と銘打たれたLG謹製の新SoCは、「1.5GHz駆動クアッドコア+1.2GHz駆動クアッドコア」によるオクタコアSoCとなっていることが明記されています。そしてこれが件の「Odin」の構成と一致することを鑑みるに、NUCLUNこそがLG初の自社製SoCの正式名称であると判断しても良さそうです。

ちなみに、「NUCLUN」という商標は既にLGによって、今年の8月に登録が申請されていたことは既に周知となっていますが、さて、そのほかの主なスペックは以下の通り。

ディスプレイ 5.9インチ フルHD(1920×1080)ディスプレイ
SoC

NUCLUN オクタコア SoC

(4コア1.5GHz駆動 + 4コア1.2GHz駆動)

RAM 2GB
内蔵メモリ 32GB
メインカメラ 1,300万画素
フロントカメラ 210万画素
バッテリー 3,000mAh
外形寸法 157.8(W)×81.8(D)×9.45(H) mm

ディスプレイには、「5.9インチ」とかなり大型のスクリーンが採用されているのも印象的です。また、本体のサイズ感は、同じく5.9インチディスプレイを搭載する「Nexus 6」よりもわずかに小さい程度に。

Phone Arena曰く、この端末は韓国の国内キャリアであるLG U+から販売が開始されるとのこと。また、LG F490LはおそらくLG U+のキャリア独自モデルとして開発された可能性も指摘しています。

さておき、果たして満を持しての登場となるNUCLUNは、一体どの程度のパフォーマンスを発揮してくれるのか。そして我々を驚かすような “隠し球” を備えているのか。いよいよ近日中にも、その解答を得ることができそうです。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます