台湾MediaTek、2015年後半に新たに2つの「64-bitアーキテクチャSoC」を投入へ

また一段と、隙のないラインナップへと充実が図られることになりそうです。

27日(現地時間)、海外メディアPhone Arenaが伝えるところによると、業界第2位を堅持する台湾MediaTekが、2015年後半にも、新たな2つの64-bit SoCを登場させる計画であることが明らかになりました。

新たに公開されたロードマップ

今回公開された、MediaTekの新ロードマップ

Phone Arena曰く、その2つのSoCは、以前に公開されたロードマップの中には存在しておらず、一方のモデルナンバーは「MT6753」になり、「2015年後半」のどこかのタイミングで市場に投入される見込みとのことです。

この「MT6753」は、2014年第4四半期中に大量生産が開始される見込みのハイエンド級SoC「MT6752」の後継モデルとなります。両者共に64-bitアーキテクチャを採用したCPUである「Cortex -53」コアを8つ、そしてGPUに「Mali-T760」を搭載している点で共通しています。そのほか、双方共に1,600万画素までのカメラモジュールをサポート。

しかしながら、その似通った構成の両モデルも、前者が8コアすべて「1.7GHz」で駆動するのに対し、後者は4つが「1.5Ghz」、残り4つが「1.3GHz」で駆動するという、疑似的な「big.LITTLE構造」を採用している点で異なります。

そのほか、両者を明確に区別する点として、「MT6753」では、新たに「CDMA 2000 1x EVDO Rev A」の通信規格への対応を果たしていることが挙げられます。ちなみに両モデル共通で、GSM / WCDMA / TD-SCDMA / TD-LTE / FDD-LTE(Release 9 Category 4)の通信規格にも対応。

以前公開されたロードマップ

以前に公開された、MediaTekの製品ロードマップ

また、この「MT6753」には、“下位モデル” が存在していることを、Phone Arenaは伝えています。名称は「MT6753M」となり、サポートするディスプレイとカメラの解像度は、それぞれ「qHD(960×540)」と「800万画素」までにとどまるとのことですが、その他の詳しいスペックに関しては判然とせず。

ともあれ、MediaTekの誇る、ローエンド級からミッドレンジ級にかけての幅広い需要に対応する豊富なラインナップが、来年にかけてまた一段と隙のない構えを見せることになりそうです。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます