米マイクロソフト、Android Wear向け手書き入力ソフト「Analog Keyboard」をリリース

最先端のデバイスと、最も原始的な入力方法との対比が何とも面白く思えます。

米グーグルによって生み出された、「ウェアラブルデバイスのためのOS」こと「Android Wear」。

11日(現地時間)、海外メディアThe Vergeが報じたところによると、米マイクロソフトが、Android Wear用の “手書き入力ソフト” の提供を開始したことが明らかになりました。

上の映像は、今回マイクロソフトによってリリースされた手書き入力ソフト「Analog Keyboard」のデモ映像。「Moto 360」の装着者が軽やかに、手書きでの文字入力を行っている様子が確認できます。また、映像を見る限りでは、動作も軽快な上、認識精度も高そうです。

とはいえ、そもそもAndroid Wearには「音声文字入力機能」が実装されている為、手動での文字入力を必要とする機会はあまり多くはないようにも思えます。しかしながら、それでも「声や音を出してはいけない」あるいは「出したくない」という状況というものも決して少なくはないことを鑑みるに、この手の文字入力ソフトの価値はまだまだ健在であると言えそうです。

Analog Keyboardの様子

The Verge曰く、Analog Keyboardは「320×320」の正方形表示に対応しており、「Moto 360」のようなラウンドディスプレイを搭載したデバイス上でも動作可能とのこと。また、既に「プロトタイプ版」のダウンロードが開始されていますので、興味とAndroid Wearデバイスをお持ちの方は、記事末尾のリンク先をご参照下さい。

[The Verge / Microsoft(ダウンロード)]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます