「Surface 3」、年末商戦に合わせて市場に投入か ―「Surface mini」の計画も未だ生存

早ければ、今月中にもお目に掛かれるかもしれません。

米マイクロソフトによって華々しいデビューを飾られて以来、多くのユーザーから高い評価を獲得してきた「Surface Pro 3」。しかしその一方で、サイズの小さいモデルを望む声も少なくはありませんでした。

そんな中今回、米マイクロソフトが「Surface 3」を年末商戦に合わせて投入する計画であることを、海外メディアNeowinは伝えています。

surfaceの画像

海外メディアTK Tech Newsによると、彼らと繋がる多くの情報提供者たちが、「米マイクロソフトがSurface 3の投入時期を2014年末頃に見据えている」と伝えている、とのこと。

さらに興味深い事には、一度はSurface Pro 3との同時発表が期待されたものの、結局計画は立ち消えたままだった「Surface mini」も、密かに発表・投入が検討され続けているとの情報も。

また、発売こそ年末になるものの、「今月中」にもSurface 3に関する何らかのアナウンスが行われる可能性が高いことを、Neowinは指摘しています。「10月発表、12月発売」というタイムスケジュールは、マーケティング的な観点からも実に合理的とは、Neowinの弁。

一方で、件のSurface mini の登場時期に関しては、その存在の真偽を含め残念ながら現時点ではまったく判然とせず、続報を待つ必要があります。願わくば、今月にも開催されるというそのイベントにて何らかのアナウンスがあらんことを祈るばかりです。

ともあれ、これらの情報はあくまでまだまだ「眉唾」も良いところの情報ですので、疑いと諦めの気持ちを忘れることなく、でもやっぱりどこかで期待しつつ。そんな甘酸っぱい気持ちの中で、情報を吟味することをお勧めします。

[Neowin / Twitter]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます