「Shamu」こと「Nexus X」のベンチマークスコアが新たにリーク

噂される発表日まで、あと10日を切りました。

「10月15日」(または16日)に正式に発表されることが、世界中のガジェットファンから強く期待されている「Motorola Shamu」こと「Nexus X」。今回、その待望の端末の性能の一端を示すベンチマーク結果が、新たに明らかにされました。

Nexus 6の画像

海外メディアPhone Arenaが伝えるところによると、有名なベンチマークアプリ「Geekbench」上に「Nexus X」(あるいは「Nexus 6」)のスコアが登録されていたことが発見された、とのことです。以下、そのスコアのスクリーンショット。

Nexus 6のベンチスコア

Nexus Xのベンチスコア2

シングルコア性能こそ「iPhone 6」、「iPhone 5s」に劣るものの、マルチコア性能においては、競合を抑えてトップに躍り出ています。

今回リークされたデータからはNexus Xには「Snapdragon 805」と「Android L」が搭載され、RAMの容量は「3GB」であることも明らかに。その一方で、「WQHD(2560×1440)」になるとされる5.9インチディスプレイの解像度に関しては、情報を得られず。

しかしながら、同じくWQHDディスプレイを搭載する「LG G3」とのスコア差がそう大きくないことを理由に、Nexus Xにも同様のディスプレイが搭載されている可能性が高いことを、Phone Arenaは指摘しています。

Nexus Xのベンチスコア3

ともあれ、今回の情報が全てフェイクでもない限り、噂通りNexus史上最もパワフルな端末として登場することが期待できそうです。全てが明らかにされるまで、あともう一息の辛抱と言ったところでしょう。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます