99ドルGoogle公式ゲーム機「Nexus Player」、FCC認証通過

いよいよ、販売開始への準備が完了しました。米グーグルによって正式発表されたばかりの「マルチメディアプレイヤー兼ゲーミングコンソール」こと「Nexus Player」。海外メディアGadgetzArenaが19日(現地時間)に伝えるところによると、Nexus PlayerがFCCの認証を正式に通過したとのことです。

FCCに登録されたNexus Playerの資料

発表からほとんど間髪を入れずに事前予約が開始されたものの、わずか数時間で予約申し込みが打ち切られるという事態に陥ったのは、ほんの2日ほど前のこと。その理由は「Nexus PlayerがFCCの認証を通過していないため」という理由からでした。

しかし、今回正式にFCCの認証を取得したことによって、ついに米国内における販売の準備が完了したことになります。おそらく近日中にもグーグルから何らかのアナウンスが行われることが期待されますが、あるいは告知なしに予約受付が再開される可能性もあり得るでしょう。

Nexus Playerの画像3

さて、今回のことがNexus Playerの日本市場における発売スケジュールにどのような影響を及ぼすことになるかは、現時点では判然としません。少なくとも米国市場へと出荷・販売を行うことが可能になった以上、日本に対しても供給を開始することは可能なはずだと思われますが、果たして。

99ドル(約1万円)という非常に低価格で販売されることもあり、メディアプレイヤー兼Androidゲーム機を入手できるなら、決して割の悪い買い物ではないかもしれません。

[GadgetzArena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます