中国Oppo、「世界最薄」端末を今月末発表か ―薄さ4ミリとも

いよいよその正式発表が数日後に迫りつつある「回転式カメラモジュール」搭載スマートフォン「Oppo N3」。海外メディアAndroid Authorityが24日(米国時間)に伝えるところによると、中国Oppo社は29日の発表イベントにて、N3に加えてもう「1機種」新たにお披露目する計画であることが明らかになりました。

記事135.1

上の画像は、Oppoによって公開された発表イベントのティザー画像ですが、赤い垂れ幕の隙間から2つの異なる端末の姿を見る事ができます。画像右側の端末はほぼ間違いなく「Oppo N3」であると思われますが、左側の端末が “謎の端末” です。

既にこの謎の端末についての情報が中国メディア内を駆け巡っており、おそらくこの端末は “世界最薄” を誇ることになる見込みとみられています。一説では、わずか4.0mmという驚異的な薄さになるとも囁かれていますが、それを裏付ける確証はありません。

記事135.2

また、上の画像は過去に「Oppo N3」としてリークされた画像のうちの1枚ですが、今回のティザー画像内に映る “謎の端末” に、デザインの点で類似していることが見て取れます。この画像を見る限りでは4.0mmには程遠いようにも思えますが、現時点では詳細は不明です。

その他のスペックについてですが、この端末は5~5.5インチのディスプレイと「MediaTek製 64-bit SoC」を搭載し、LTE通信にも対応するとみられています。残念ながら、現時点ではその他の詳細スペックや販売価格に関して明らかになっていませんが、おそらく「ミッドレンジ級」の端末として登場するものと思われます。

仮にもしこの端末が本当に「4.0mm」という驚異的な薄さを実現しているとするならば、その技術力は驚異的の一言に尽きます。その場合、薄型端末とは切っても切り離せない関係にある「耐久性」の課題をOppoはどのようにクリアしてくるのか。29日の発表に要注目です。

[Android Authority]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます