パナソニック、業界最小のピン形リチウムイオン電池「CG-320」を正式発表

パナソニックが、「技術大国日本」の意地を見せつけてくれました。

3日、パナソニック株式会社はウェアラブルデバイス向けに新たに開発された “業界最小” を誇る「ピン形リチウムイオン電池」を正式に発表しました。

電池の画像

今回発表されたピン形リチウムイオン電池「CG-320」は、直径わずか「3.5mm」、高さ「20mm」という極めて小型でありながらも、Bluetooth通信などの近距離通信機能にも対応できるほどの「高出力さ」をも実現させていることが、その最大の特徴です。

そのほか、外装には「ステンレス缶」素材を利用したことで強度も確保した上、パナソニックがこれまでに培ってきたバッテリー技術の粋を集めた結果、繰り返しの充放電に耐え得る高い信頼性を獲得させることに成功した、とのこと。

電池の用途説明図

また曰く、高出力化の実現に大きく寄与したのが「スパイラル電極構造」の採用にあるそうです。プレスリリース内でも、その渦巻き構造の採用により、正極・負極の反応面積を大きくすることに成功したことが強調されました。以下は、スパイラル電極構造の説明図。

スパイラル電極構造の説明図

さらに「CG-425」と「CG-435」というバリエーションモデルの存在も明らかにされたものの、残念ながら登場時期には言及されず。しかし、今回発表された「CG-320」は、「2015年2月」から量産・出荷が開始される計画であるとのこと。

さておき、猛者共が日々しのぎを削り合うこの業界にて、“業界最小” の称号を獲得できるパナソニックの技術力に、素直に称賛を贈りたいと思います。

※追記(15時15分):バッテリーの容量は、モデルナンバーの小さい順に「13mAh」「30mAh」「50mAh」に。また公称電圧は、3モデル共通で「3.75V」。また、最大充電電圧は「4.20V」とのことです。

[Panasonic / エルミタージュ秋葉原]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます