2015年は、モジュール式スマートフォンにとって記念すべき年となりそうです。

29日(現地時間)、海外メディアPhone Arenaが伝えるところよると、米グーグルによってモジュール式スマートフォン「Project Ara」の新たなティザー映像が公開されたとのことです。

こちらが、今回新たに公開された映像になりますが、実際に幾つものモジュールを組み合わせてProject Araを組み立てる様子と、実際に端末を起動させて操作を行う様子をはっきりと確認することができます。

この映像中の端末がテスト機であるせいか、何故か搭載されているAndroidのバージョンが「Android 4.1」と、いやに古いものであることをPhone Arenaは指摘していますが、おそらく来年初旬と見られる正式発表の折には、「Android 5.0」を実装して登場することになるものと思われます。

Project Araの画像

また、グーグルは2015年1月に、Project Araの開発者向けカンファレンスを2度に渡り開催する計画であることも明らかにしました。曰く、1度目は「1月14日」に米国で開催され、2度目は「1月21日」にシンガポールにて開催されるとのこと。さらに、カンファレンスでは “major changes and advancements”(大きな変化と進歩)がもたらされることを予告しています。

果たして、グーグルの意味するところの「大きな変化と進歩」とは何を意味しているのか。そして、その登場がいよいよ目前へと迫りつつあるProject Araは、周囲からの並々ならぬ期待に見事応えてみせることは出来るのか。大いに期待しつつ、続報を待ちたいと思います。

[Phone Arena]