米Qualcomm、自社イベントにて「WiGig」と「Snapdragon 810」のデモを披露

Snapdragon 810の登場が、ますます待ち遠しくなりました。

17日(現地時間)、海外メディアAndroid Centralが伝えるところによると、米Qualcommが現地時間16日の夜に開催したイベントにおいて、次世代無線通信規格「WiGig」と「Snapdragon 810」のデモンストレーションを行った、とのことです。

タブレット試作機の画像

さて、そもそも「WiGig」とは何か。WiGigとは60GHz帯という非常に高い周波数帯を利用すること、最大7Gbpsという極めて高速な通信を実現する次世代の無線通信規格です。IEE802.11 adという通信規格がベースとなっているため、従来のWi-Fi通信規格(IEEE802.11 b / g / n / ac)とも高い親和性を保有している点も、その大きな特徴の一つに。

閑話休題。Android Centralが伝えるところによると、その会場ではSnapdragon 810を搭載した2つの試作機タブレットがお目見えしたとのこと。また、2つのデバイスはお互いにP2P方式で接続され、WiGigを介した4K映像のリアルタイムストリーミング配信のデモンストレーションが披露されました。以下、その様子を捉えた映像です。

AndroidCentral曰く、驚くべきことに4K映像のストリーミング配信の最中にさえ、なお1.5Gbpsもの余剰帯域が存在しているとのことですが、これはとりもなおさず4Kストリーミング中にさえ、並行して高速な双方向データ通信を行う余力があるということに他なりません。WiGigの圧倒的な通信速度と帯域は、まさに次世代規格と呼ぶに相応しいと言えるでしょう。

さておき、実際にSnapdragon 810を搭載するデバイスが登場するのは、2015年春頃とのことですが、運が良ければ来年初頭にも開催されるCES 2015での何かしらの発表にも期待ができそうです。

[Android Central]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます