二つ折り式スマートフォン「Galaxy Golden 2」、中国TENAAの認証を正式に通過

やはり、未だ一部の市場では根強い需要が存在する模様です。

今やクラムシェル(二つ折り)タイプの携帯端末というのは過去のものという認識が強くなり、スマートフォンが主流となるに至りました。しかし、そのスマートフォン界を牽引する存在の一角である韓国サムスンが、新たにクラムシェルタイプのAndroidスマートフォンを市場に投入する計画であることが明らかになりました。

Golden 2の画像1

18日(現地時間)、海外メディアGadgetzArenaが伝えるところによると、「Galaxy Golden 2」(SW-2015)という名称の二つ折り式のAndroidスマートフォンが、中国TENAAの認証を正式に通過した、とのことです。

Golden 2の画像2

このGalaxy Golden 2の最大の特徴は、通常の液晶に加えて “本体上面” にもディスプレイが搭載されている、いわば「デュアルディスプレイ構造」とも言うべき構造を採用している点に尽きるでしょう。これにより、ユーザーは二つ折りにした状態でも、端末を操作することが可能になります。

golden2 3

また、これまでの例に漏れず、この端末のスペック情報についても登録されていました。以下、今回判明したGalaxy Golden 2(SW-2015)のスペック。

OS Android 4.4.4 KitKat
ディスプレイ 3.9インチ WXGA(1280×768)AMOLEDディスプレイ × 2
SoC Qualcomm 2.5GHz駆動 Snapdragon 801
RAM 2GB
内蔵メモリ 16GB(64GBまでのmicroSDカード対応)
メインカメラ 1,600万画素
フロントカメラ 370万画素

2014年も後半に登場する端末なだけあって、なかなかのハイスペックな端末に仕上げられているようです。

golden 2 4

また、この端末の具体的な登場時期や価格についての情報が得られませんでしたが、少なくとも中国市場に対しては、近日中にも投入が開始されるものと思われます。

さておき、クラムシェルタイプの端末に対する需要の根強さには、驚かされます。個人的には、いっそ「3つ折り式」とか「5つ折り式」みたいな変態端末が登場してくれば、俄然興奮するのですが、どうでしょう。

[GadgetzArena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます