シャープ、業界初となる「MEMS-IGZO」ディスプレイ搭載タブレットの開発を発表

さすが、「世界の亀山」を自称するだけのことはあります。

6日、シャープ株式会社は “業界初” となる「MEMS-IGZO」ディスプレイを搭載した7インチタブレットの開発に成功したことを正式に発表しました。

シャープ発表資料1

今回シャープが発表した「MEMS-IGZO」ディスプレイとは、米Qualcommの子会社であるPixtronixの誇る「MEMS」ディスプレイ技術と、シャープの誇る「IGZO」ディスプレイ技術を融合させるべく、両者の共同開発の下に新たに生み出された新技術です。

シャープ発表資料2

「MEMS-IGZO」ディスプレイの構造説明図

MEMS-IGZOディスプレイは、競合の一般ディスプレイに比べて「省電力性能」「色再現性」において大きなアドバンテージを持つこと。また、外光下での視認性を高める「高輝度モード」や省電力表示に特化した「グレースケール / 白黒モード」など、コンテンツや周囲の状況に最も適した表示モードへの切り替えを可能にしていることも、強調されました。

シャープ発表資料3

さて、今回開発が発表された7インチタブレットの主な仕様は以下の通りです。

  • 7インチ WXGA(1280×800)「MEMS-IGZO」ディスプレイ
  • Qualcomm Snapdragon 800
  • メイン / フロントカメラ (画素数は非公開)
  • Android 4.4 KitKat
  • LTE / 3G通信対応
  • Wi-Fi (802.11 a / b / g / n / ac)通信対応
  • 防水機能搭載

あくまで現時点での仕様なため、実際の製品とは異なる可能性が十二分に考えられますので、その点ご注意を。また、このデバイスは「2015年上半期」に、正式に発表されることになることも明らかにされました。

「IGZO」という極めて優れたディスプレイ技術を保有しながらも、世界的なシェアの獲得には苦戦し続けてきた感の強いシャープ。果たして、このMEMS-IGZO技術は世界に対してどれだけの訴求力を発揮できるのでしょうか。

※「MEMS-IGZOとは何ぞや」と疑問と興味をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、Engadget Japaneseに詳しく解説している記事が掲載されているのを発見致しました。記事の末尾のリンク先をご参照下さい。

[SHARP / Engadget Japanese]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます