ソニー製「12インチタブレット」、2015年第1四半期に登場か

あくまで、話半分に聞かれることをお勧めします。

海外メディアPhone Arenaが24日に伝えるところによると、ソニーが新たに「12インチ」ディスプレイを搭載したタブレット端末を、2015年第1四半期にも登場させる計画であることを海外メディアDigiTimesが報じた、とのことです。

Xperia Z3 Tablet

画像は「Xperia Z3 Tablet」のもの

このSony製のタブレットは、「Surface Pro 3」や「Galaxy Note Pro」の直接の競合製品となり、フラッグシップ級のスペックを備えた「Xperia」シリーズ製品として登場することになる見込みとのこと。また、専用のスタイラスペンも付属するそうです。

残念ながら今回の情報の中では、具体的なスペックや価格に関してはほとんど言及されませんでしたが、おそらく「防水機能」を備えた「薄型端末」として登場する公算が大きいことを、Phone Arenaは指摘しています。

繰り返しにはなりますが、今回の情報を鵜呑みにされないことをお勧めします。というのも、DigiTimesの情報はしばしば不正確であることは割と知られるところですので、あくまで「なるほど。そういう情報もあるのか」程度にとどめておかれる方が賢明かと思われます。

とはいえ、この情報が実に興味深いものであることには変わりません。仮にこの情報が真実であるとするならば、そしてアップルからも「iPad Pro」が登場するならば、来年の「12インチ級タブレット市場」は実に面白いことになりそうです。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます