VAIO株式会社、「Surface Pro 3」ライクなハイブリッドPCの試作機を公開

 新生「VAIO」、ついに始動です。

SONYによる事業売却に始まり、VAIO株式会社として新たな道を歩み始めた「VAIO」ブランドPC。今回、同社がSONYから独立して以来初の「VAIO」PCとなる製品のプロトタイプが正式にお披露目されることとなりました。

プロトタイプ画像1

今回、正式に開発が発表されたこのデバイスは、米マイクロソフトの誇る人気タブレットPC「Surface Pro 3」と同様の、タブレットとノートPCとのハイブリッドモデルとなっています。

プロトタイプ画像2

Surface Pro 3と同じく、「キーボードを兼ねる専用カバー」 と「スタイラスペン」がアクセサリーとして用意されることも明かされました。また、伝えられたスペックは以下の通り。

  • 12.3インチ 2560×1704(3:2)ディスプレイ
  • Intel Haswell世代のCPU(Iris Proグラフィック搭載モデル)
  • USB 3.0ポート×2
  • HDMI出力ポート×1
  • Mini Displayポート×1

このスペックは、あくまで「現時点」での、しかも「プロトタイプ版」のものでしかないので、実際の製品は異なったスペックで登場する可能性が高いことにご注意下さい。また公式発表によると、この製品は「ハイエンド」に属する製品として登場することになるとのこと。

プロトタイプ画像3

さて、気になる登場時期についてですが、残念ながらその点には言及されませんでした。一方で価格については、「最廉価モデル」が「約1,800ドル(約19万4千円)」となることが明らかに。また、先述のアクセサリー類が同梱されてこの価格なのか、それとも別売りなのかについては判然としません。

ともあれ、一度は「終焉」を迎えたVAIOでしたが、果たして新生VAIOはどのような価値と魅力を我々ユーザーに対して提示してくれるのでしょうか。今後の動向に要注目です。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます