米Verizon、「Droid Turbo」を正式に発表 ―5.2インチWQHDディスプレイ搭載

かなり完成度の高い端末として、登場しました。

米Verizonによって特設webサイトが設置されて以来、その登場を多くのユーザーが今か今かと待ち焦がれていたMotorola製「Droid Turbo」。28日(現地時間)、その待望の端末がついに正式に発表されることとなりました。

Droid Turbo 5

ハードウェア


早速、このDroid Turboのスペックについてご紹介したいと思います。

OS Android 4.4.4 KitKat
ディスプレイ 5.2インチ WQHD(2560×1440)ディスプレイ(565ppi)
パネル保護 Corning Gorilla Glass 3
SoC Qualcomm 2.7GHz駆動 Snapdragon 805
GPU Adreno 420
RAM 3GB
内蔵メモリ 32 / 64 GB
メインカメラ 2,100万画素(デュアルLEDフラッシュ搭載)
フロントカメラ 200万画素
バッテリー 3,900mAh (連続使用可能時間:48時間)
ネットワーク GSM / WCDMA / CDMA 2000
LTE Cat.4(Band 2, 4, 7, 13)対応
ワイヤレス Bluetooth 4.0 LE
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
NFC
外形寸法 143.5(W)×73.3(D)×8.3-11.2(H) mm(バリスティック ナイロン)
143.5(W)×73.3(D)×7.8-10.6(H) mm(メタリック ブラック / レッド)
本体重量 176g(バリスティック ナイロン)
169g(メタリック ブラック / レッド)

Droid Turbo 2

メインカメラには、「f / 2.0」という比較的明るいレンズが搭載されるほか、フロントスピーカー、防滴機能も完備。また、「Natural Language Processor」(NLP)という自然言語処理用のコプロセッサを搭載することにより、各種音声コマンドをより精確に認識・実行することを可能にしているとのこと。

さらに、このDroid Turboの大きな特徴として「3,900mAh」という大容量バッテリーの搭載と、急速充電機能の実装という面を挙げることが出来ます。15分の充電で8時間の使用が可能になることが、Verizonによって強調されています。

デザイン


Droid Turbo 3

また、海外メディアPhone Arenaが伝えるところによると、Droid Turboのボディには「金属化ガラス繊維」(MGF)が使用されており、これにより軽量化と高耐久性との両立に成功しているとのこと。

また、3モデルあるうちの1モデル「ブラック バリスティック ナイロン」は、”非” ケブラー素材製のバックカバーが採用されたモデルとなる一方で、「メタリック ブラック」と「メタリック レッド」に関しては、バックカバーに「ケブラー素材」が使用されており、前者よりもより薄型・軽量化を図ることに成功しています。

Droid Turbo 4

”非” ケブラー素材製「ブラック バリスティック ナイロン」

ソフトウェア


Droid Trubo 1

「メタリック ブラック」

また、ソフトウェアに関して言えば、「Moto Voice」、「Moto Actions」、「Moto Assist」、「Moto Display」などのMotorola製の端末に広く搭載される独自アプリに加え、「Zap Zone」、「Zap to TV」、「Zap with Voice」なる3つの「Droid Turbo限定アプリ」をプリインストール。

また、将来的には、Android 5.0 Lollipopへのアップデートも提供されることになるとのこと。

価格と入手時期


Droid Tubro 6

「メタリック レッド」

さて、気になる価格ですが、32GBモデルには前述の3モデルが全てが用意され、2年契約時に「199ドル」(約2万1千円)での入手が可能に。

一方、64GBモデルには「ブラック バレスティック ナイロン」のみが提供され、価格は2年契約時で「249.99ドル」(約2万7千円)とのこと。ちなみに発売解禁は、全モデル共通で10月30日となります。

 


いよいよ満を持して登場したDroid Turboですが、5.2インチという比較的コンパクトなサイズの中に、他のフラッグシップ級のファブレット端末に一切見劣りしない性能を実現させました。少しでもコンパクトなフラッグシップモデルを望む方には、実に魅力的な選択肢となり得そうです。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます