電子ペーパー搭載スマートフォン、ついに市場に正式投入へ。

「YotaPhone」。それは、通常の液晶ディスプレイに加えて「電子ペーパー」をも同時に搭載するという、実に奇抜なコンセプトの下に生み落とされた存在。

海外メディアGSM Arenaが17日(現地時間)に伝えるところによると、インド最大手のオンラインショッピングサイトの一つであるFlipkartにて、YotaPhoneの発売が開始されたとのことです。

YotaPhoneの画像

YotaPhoneの最大の特徴は、通常の液晶ディスプレイに加えて、本体背面部に「電子ペーパー」が搭載されている点に尽きます。主に通知の表示・確認などに使用されるのですが、電子ペーパーの “表示内容を切り替える時以外は、電力を消費しない” という特性のおかげで、極めて電力消費効率の良い「通知用ディスプレイ」としての運用が可能になります。

もちろん、電子書籍などを読む際などにも使用できるので、ご安心下さい。

YotaPhoneの主なスペックは以下の通りです。

OS Android 4.4.2 KitKat
ディスプレイ 4.3インチ HD(1280×720)液晶ディスプレイ
4.3インチ VGA(640×480)電子ペーパー
SoC Qualcomm 1.7GHz駆動 Snapdragon 400 (MSM 8960T)
GPU Adreno 320
RAM 2GB
内蔵メモリ 32GB
メインカメラ 1,300万画素
フロントカメラ 100万画素
バッテリー 1,800mAh
ネットワーク 4G LTE通信 対応

また、気になる価格は382ドル(約4万円)とのこと。

さておき、純粋なスペックだけを見るならば、周回遅れ感の強く漂う仕上がりですが、電子ペーパーと液晶ディスプレイによる「デュアルディスプレイ構造」というその変態性が、全ての不満を補って余りあるほどに魅力的に映ります。このような変わり種端末も何とか日本でも発売されることを、ただただ天に祈るばかりです。

[GSM Arena]