米Amazon、パーソナルアシスタントシステム搭載Bluetoothスピーカー「Echo」を正式発表 ―約2万3千円

追記(18:27):タイトルと本文の一部を、追記・変更させて頂きました。

一度や二度の失敗で委縮するようなAmazonではありませんでした。

先日、膨大な「Fire Phone」の在庫を抱え込んでいることを明らかにしたばかりの米Amazonでしたが、その失敗にめげることなく、早くも新たな意欲的なデバイスの投入が正式に発表されました。

その新製品の名は、「Echo」。円筒状の細長いデザインが特徴的なデバイスですが、その正体は「Siri」や「Cortana」などのような ”パーソナルアシスタントシステム搭載型” Bluetoothスピーカーとなります。

今回Amazonによって公開されたEchoのプロモーション映像の中では、スマートフォンと接続したEchoが、投げかけられた様々な質問に回答したり、呼びかけに応じてアラームやタイマーなどの幾つかの機能を実行したり、また音声コマンドによる音楽の再生・停止を行う様子などが確認できます。

記事44.1

「Fire Phone」

このEcho、通常価格「199ドル」(約2万3千円)プライム会員に対しては「99ドル」(約1万1千円)という価格に設定され、市場へと投入されることになります。さて、このデバイスがどこまでユーザーから受け入れられることになるのか、実に興味深いところです。

果たして、「Kindle」シリーズのような栄光の道を歩むのか、それとも「Fire Phone」と同じく倉庫の肥やしとなってしまうのか。「Echo」の行く末や、いかに。

[Neowin]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます