Android 5.0 Lollipopの開発者向けプレビュー版の最新ビルドにおいて重大なバグが発見される

グーグルには、一日も早い対応が望まれます。

Android OS史上屈指のアップデートと謳われる「Android 5.0 Lollipop」が登場してから、早くも数週間が経過しました。目下、より多くのデバイスに提供すべく開発と調整が進められるLollipopですが、今回その「開発者向けプレビュー版」の最新ビルドにおいて「バッテリー消費」に関する看過できないバグが発見されたとのことです。

記事37.1

今回発見されたバグは、Lollipopがインストールされた「Nexus 5」において発現するものであることを、海外メディアPhone Arenaは伝えています。曰く、そのバグの具体的な内容は、「Wi-Fi機能をONにすると著しく電力消費が増える」というもの。

米グーグルのソフトウェアエンジニアであるトレバー・ジョン氏の弁明によると、今回Nexus 5上で発生した「異常な電力消費」という現象は、「Wi-Fi機能ON時に、「IRQ」(割り込み要求)の回数が甚だしく増加する」という現象が発生することに起因するものであるが、しかし今現在まだその原因を突き止めるには至っていない、とのことです。

nexus-5-red-press

「Nexus 5」

ともあれ既にジョン氏によって、引き続き原因の調査が行われることも確約されている上、「Lollipop」にケチを付けたくないであろうグーグルが、この様な致命的な欠陥をいつまでも放置しておくとは考え難く、おそらく近日中にも修正版が提供されることになるでしょう。

Nexus 5ユーザーでLollipopの導入を目論んでいた方は、もうしばしの間指を咥えて静観しておく方が、賢明と言えそうです。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます