かなりスタイリッシュなデザインに仕上げられている印象を受けます。

先日、「HTC One」シリーズのGoogle Play Editionに対する「Android 5.0 Lollipop」の提供が、11月21日(現地時間)より開始されることを正式に明らかにした台湾HTC。今回、その最新OS上で動作するHTC独自のカスタムUI「Sense 6.0」の様子を捉えたスクリーンショットが新たにリークされました。

記事121.2 記事121.1

※拡大クリック推奨

海外メディアGSMArenaが伝えるところによると、今回の画像は有名な HTCの情報通からリークされたものとのこと。一見して、これまでのSenseシリーズのエッセンスとマテリアルデザインとが融合した結果、中々にスタイリッシュなUIデザインに仕上げられていることが確認できます。

記事121.3記事121.4

※拡大クリック推奨

とは言え、残念ながら現時点ではこの「Sense 6.0」を搭載したAndroid 5.0が、具体的にどのタイミングでHTC製端末に提供されることになるかは判然とせず。

しかし、以前にHTCが公言した言葉を信じるのであれば、どんなに遅くとも「2015年2月2日」までには提供されることになる見込みです。

先日、有志によって新たに公開された「M9」のコンセプト映像

さておき、以前の噂では次期フラッグシップ「M9」には、「Sense 7.0」が搭載される可能性が指摘されていました。果たしてM9にはこの「Sense 6.0」が搭載されるのか、それともこの新Sense 6.0が7.0へと名を改めて登場することになるのか。

すべての答えはHTCのみぞ知る、と言ったところでしょうか。

[GSMArena]