「Android One」スマートフォン、ヨーロッパに上陸!印Karbonn「Sparkle V」、英Amazon上にて販売開始

「Android One」スマートフォンが、ついにインド以外の地を踏むことと相成りました。

先日インド市場に対して投入された、米グーグル肝煎りの新興国向け低価格スマホ「Android One」。グーグルの期待とは裏腹に、インド市場で苦戦を強いられている現状についてお伝えしたのも、ほんの数日前のことでした(過去記事)。しかし今回、そのAndroid Oneがついにヨーロッパ市場へと進出を果たしたことが、新たに明らかになりました。

記事151.2

海外メディアPhone Arenaが伝えるところによると、今回、印Karbonn製の「Android One」スマートフォン、「Sparkle V」の販売が英国内のAmazonストア上で開始されたとのことです。

ちなみに気になるそのお値段、「129.99英ポンド」(約2万4千円)。価格設定的には、同じくローエンド級となる「Moto G」や「Lumia 635」あたりと競合することになりそうです。

さて、今回ついに旗色の芳しくないインド市場から抜け出し、手垢の付いていないヨーロッパ市場へと新たに根を下ろすに至ったAndroid One。

果たして「Android One」プログラムの利点をきちんとユーザーにアピールし、インド市場とは異なる反応を引き出すことができるのか。そして、英国市場を足掛かりに更なるヨーロッパ市場へと販路を拡大することは叶うのか。グーグルにとっても、まさにここが正念場と言えそうです。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます