台湾ASUS、次世代「ZenFone」にはIntel製SoC搭載モデルと「非」搭載モデルの2つを提供へ

このASUSの販売戦略が、吉と出るか凶と出るか。

一カ月程前に、「台湾ASUSがCES 2015にて、5.5インチディスプレイを搭載した新型ZenFoneを発売する」という情報をお伝えしたことを、果たしてどれだけの方が覚えていらっしゃるのでしょうか(過去記事)。さて、今回その第2世代「ZenFone」に関する新たな情報が、公式に開示されることとなりました。

記事76.1

画像は「ZenFone 6」のもの

今回、ASUSのCEOであるジェリー・シェン氏によって、新型「ZenFone」に関するいくつかの情報が明らかにされたことを、海外メディアPhone Arenaが伝えています。

氏曰く、新型ZenFoneには現行モデル同様の「Intel製SoC搭載」モデルと、「 ”非” Intel製SoC搭載」廉価モデルの2種類が用意されるとのこと。そのほか、次世代ZenFoneは、約「20カ国」の市場に対して提供される計画であることも明らかに。(現行モデルは「14カ国」)

記事76.2

最も着目すべき要素とも言える価格についてですが、前者は「約300ドル~」(約3万5千円~)となり「LTE通信」にも対応する一方で、後者は「約150ドル~」(約1万7千円~)という価格付けに。また、後者は主に中国市場を中心とした幾つかの海外市場に対しての提供となる模様です。

残念ながら、今回の氏の発言の中ではこの次世代ZenFoneの詳細なスペックに関しては言及されませんでしたが、来年1月初旬に開催されるCES 2015にてその全容が解明されることには期待しても良さそうです。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます