Galaxy S6のスペック情報が新たにリーク ―Snapdragon 810とExynos 7420を搭載か

少なくとも基本スペック面に関しては、順当な進化を遂げることになりそうです。

「Project Zero」の名の下に、大刷新が図られることが見込まれるGalaxy S6についてお伝えしたのもほんの昨日のことでした(過去記事)。しかし今回、早くもその主なスペックに関する情報が、新たにリークされることとなりました。

記事27.1

有志が作成した「Galaxy S6」のコンセプトイメージ

今回、海外メディアPhone Arenaが伝えるところによると、Galaxy S6の主なスペックは以下の通りになるとのことです。

モデル 1 モデル 2
ディスプレイ WQHD(2560×1440)ディスプレイ(サイズは不明)
SoC Qualcomm 64-bit Snapdragon 810 Samsung 64-bit Exynos 7420
内蔵メモリ 32 / 64 / 128 GB
メインカメラ 1,600万画素 or 2,000万画素(Sony IMX240)
フロントカメラ 500万画素
LTEモデム Exynos Modem 333

「Galaxy S6」には、搭載されるSoCの異なる「SM-G920xx」「SM-G925xx」の2モデルが用意されることになり、またメインカメラには「光学式手ぶれ補正機構」(OIS)が搭載される見込みです。ちなみに「xx」の部分には、各キャリアモデルごとの固有モデルナンバーが入ります。

そのほか、新開発のサムスン内製LTEモデムチップ「Exynos Modem 333」が、GPS、Bluetooth、Wi-Fi、その他各種センサー類に関する処理を一手に担うことで、消費電力の更なる節減に成功しているとのこと。

記事27.2

さて、早くもそのスペックの一端がリークされることとなりましたが、個人的には「Exynos 5433」の64-bit版とされる「Exynos 7420」のパフォーマンスに、実に興味が惹かれます。(Exynos 5433は、現状「32-bitモード」でしか動作しないとのこと)さておき、Galaxy S6でもたらされる ”大刷新” の内容に関してを知るには、残念ながらもうしばしの時を要することになりそうです。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます