米HP製スマートウォッチ「MB Chronowing」、11月7日より発売開始へ

機能性よりもデザイン性を重視した結果、ということでしょうか。

もはや増え続ける新製品の全てを把握し続けることが難しくなってきた、スマートウォッチの分野ですが、今回Pocket-lintが伝えるところによると、米HP製の新型スマートウォッチ「MB Chronowing」の精細な画像と詳細な情報を新たに得られた、とのことです。

MB Chonorwing - 1

このMB Chronowing、HPと世界的にも有名なデザイナーであるマイケル・バスティアン氏とのコラボレーションモデルとして開発が進められていたことは、既に過去に伝えられた情報よって周知のものとなっていました。

さて、今回新たに明らかになった情報によると、このMB Chronowingは、他のライバルスマートウォッチ達と比べると、少々「スマートさ」に欠けるデバイスとなっている模様です。

MB Choronowing - 2

というのも、もはや基本中の基本とも言える、タッチスクリーンも搭載されていなければ、マイクに心拍計、果ては通知音を鳴らす機能すら非搭載とのこと。しかし反面、装着者は搭載されたバイブレーション機能と、スマートウォッチらしからぬデザイン性のおかげで、周囲の人々に気取らせることなく各種着信や通知を、さも腕時計を確認するかのようにチェックすることを可能にしています。ちなみに、「iOS」と「Android OS」との連携に対応

とはいえ、やはり曲りなりにもスマートウォッチとして開発されただけあって、受信したテキストメッセージの内容や天気情報、株価など、接続したスマートフォンと連携して各種データを表示するなどの基本的な機能に加え、音楽再生アプリの操作をすることも可能、とのこと。

MB Chronowing - 3

さて、気になる価格と登場時期ですが、オンラインストアGiltにて、「11月7日」より「349ドル」(約3万9千円)での販売開始となります。そのほか数量限定モデルとして、「サファイアグラス」と「ワニ革」を使用したブラックモデルも「649ドル」(約7万3千円)で同時発売されるそうです。

さておき、スマートフォンは欲しいけどあの ”いかにも” なデザインはちょっとお気に召さないという方には、有力な候補の登場といったところでしょうか。

[Pocket-lint]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます