台湾HTC、2015年のどこかのタイミングで新たなタブレット端末を発表へ

おぼろげながらに、その輪郭が浮かび上がって参りました。

2011年上旬に「HTC Flyer」を世に送り出して以来、台湾HTCが自社ブランドを冠したタブレット端末を発表することはありませんでした。しかし、来たる2015年、ついに新たなHTCブランドのタブレットが登場することになりそうです。

記事29.1

画像は「Nexus 9」のもの

海外メディアPhone Arenaが4日(現地時間)に伝えるところによると、HTCのCFO(最高財務責任者)チャン・チアリン氏が、HTCが「2015年のどこかのタイミングで自社ブランドのタブレット端末を登場させる」ことを計画していると、台湾メディアTaiwan Focusに対して明らかにしたとのことです。さらに氏は、彼らが「Nexus 9」に引き続き、ブランド提携に対しても積極的な姿勢であることも明言しました。

また、HTCの北アジア地域代表取締役であるジャック・トン氏が同じくTaiwan Focusに対して伝えたところによると、HTCは「低価格タブレット市場」(160ドル以下)に参入する意志はなく、また「7インチ以下」のタブレット端末の重要性に対しても懐疑的な姿勢であるとのこと。

記事29.2

「HTC Flyer」

あくまで、現時点では曖昧な情報に基づいた単なる憶測に過ぎませんが、HTCが2015年に計画しているタブレット端末は、「7インチ以上」のディスプレイを搭載し、「ミッドレンジ級」ないし「ハイエンド級」のスペックを搭載したデバイスとして登場することになりそうです。

Nexus 9の製造を担当したことで、一躍タブレット業界における注目株に返り咲くことに成功した感のあるHTC。勢いづいた彼らが、満を持して世に送り出す端末は果たしてどのような製品となるのか。続報に乞うご期待。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます