12インチ「iPad Pro」、2015年第3四半期に登場か

具体的な情報が、ぽつぽつとリークされ始めました。

初めてその存在がおぼろげにリークされてから、既に1年ほどが経過している「iPad Pro」。今回、海外メディアPhone Arenaが伝えるところによると、iPad Proは2015年第3四半期にも正式に登場することになる見込みとのことです。

12_9_ipad_macbook_air

「iPad Pro」のイメージ図

Phone Arena曰く、今回の情報は日本のブログMacお宝鑑定団によってリークされたものとのことですが、その具体的な登場時期のほかにも、iPad Proのハードウェアに関する幾つかの情報も新たにもたらされました。以下、今回伝えられた情報になります。

  • ディスプレイのサイズは、12.9インチではなく「12.2」インチ
  • 端末上部に新たに「スピーカー」と「マイク」を搭載し、ステレオ再生に対応
  • 端末の薄さは「iPhone 6」並み
  • iSigitカメラ、TouchIDセンサーなどの位置は、「iPad Air 2」と変わらず
  • デバイスのエッジ処理は、MacBook Airに似た処理が施される

また、この端末は「Surface Pro 3」に対抗する直接の競合製品として投入されることになる可能性を、Phone Arenaは伝えています。

MacBookAir

ともあれ、歴代アップル製品にまつわる噂のこれまでの変移を鑑みるに、おそらくこのiPad Proに関する情報も今後二転三転していくことになると思われますので “眉唾” の精神を忘れずにいることをお勧めします。

個人的には仮にこのiPad ProがSurface Pro 3へのライバル端末として登場するならば、微妙にMacBook Airとシェアの食い合いを起こしそうな気もするのですが、どうでしょう。

[Phone Arena / Macお宝鑑定団]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます