芬Jolla、コストパフォーマンス抜群の7.85インチタブレット「Jolla Tablet」正式発表 ―約2万2千円

かなりコストパフォーマンスに優れている印象を覚えます。

先日、芬Jollaによって新製品の投入を予告するティザー画像が公開されましたが(過去記事)、早くも今回その正体が正式に明らかにされるところとなりました。

記事110.1

「Jolla Tablet」。それこそが、今回Jollaによって発表された「ドでかい何か」の正体でした。以下、この新型タブレットの主なスペック。

OS Sailfish OS 2.0
ディスプレイ 7.85インチ 2K(2048×1536)IPSディスプレイ(330ppi)
SoC Intel 1.8GHz駆動 64-bit クアッドコアSoC
RAM 2GB
内蔵メモリ 32GB
メインカメラ 500万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリー 4,300mAh
ワイヤレス

Bluetooth 4.0対応

デュアルバンドWi-Fi 802.11 a/b/g/n 対応

その他

microSDカード対応(最大32GBまで)

GPS搭載

外形寸法 203(W)×137(D)×8.3(H) mm
本体重量 384g

このスペックで、販売価格はわずか189ドル(約2万2千円)というのですから実に驚きです。絶対性能はともかく、少なくともコストパフォーマンスにおいては、他の7.9インチ前後のライバル機達を完全に出し抜く勢いです。

また、搭載される「Sailfish OS」上では、Android用のアプリを動作させることも可能となりますので、アプリの不足を感じることもあまりなさそうです。

記事110.2

さてこのJolla Tablet、現在は正式な発売開始に向けてIndiegogo上にてキャンペーンが開催中なのですが、既に多くのユーザーから爆発的な人気と注目を集めています。当初Jollaが設定していた38万ドルという目標金額を既に軽々と上回っており、この記事を執筆している時点で85万ドル以上もの出資金を集めることに成功。

またJolla曰く、全てが順調に進めば2015年5月頃にも最初の2,000台が出資者に対して出荷されることになる見込みとのことです。加えて、現時点で提供が予定されている地域は、EU諸国、ノルウェー、スイス、米国、インド、中国、香港、ロシアとされていますが、要望があれば上記以外の地域に対しての提供も検討するとは、Jollaの弁。

さておき、「2015年5月頃」という登場時期を鑑みると、ハードウェア的側面に関しては少々物足りなさも感じてしまうかも知れませんが、それでも約2万円という価格設定は魅力的に映ります。

いよいよコンパクトタブレット市場という大海に身を投じたSailfishが、どこまで華麗な泳ぎを見せるのか。個人的には大きな期待を寄せたいところです。

[Neowin / Jolla(Indiegogo)]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます