一体、どのような端末として登場することになるのでしょうか。

9日(現地時間)、海外メディアGSMArenaが伝えるところによると、HTML5の実行性能を測定するベンチマークサイトHTML5TEST上に登録されたスコア内に、韓国LG製の「未発表端末」の情報が新たに発見されたとのことです。

記事56.1

今回発見された端末の名称は、「LG-H440n」。上の画像はそのベンチマークスコアの一部をキャプチャしたものですが、この端末が「Android 5.0」を搭載していることが明記されています。

そのほか、GSMArena曰くこのLG-H440nは、ヨーロッパ市場向けのモデルとなり、「4.7インチ HD(1280×720)ディスプレイ」を搭載しているとのこと。また、米国キャリア向けに「H441」と「H443」というバリエーションモデルも用意されていることを指摘しています。

また、正式発表は「2015年上旬」予定とのことですが、現時点ではその詳細なスペックや価格、特徴などに関しては全く判然とせず。

「LG G3」上で動作する「Android 5.0 Lollipop」の映像

搭載されるディスプレイのスペックを単純に鑑みるに、おそらく「ミッドレンジ級」のデバイスとなるものと思われます。とは言え、コンパクトなプレミアム端末として登場する可能性もゼロではなく、続報の登場が望まれます。

[GSMArena / HTML5TEST]