韓国LG製「LS996」、米Sprintのキャリア独占モデルとして登場か

その多くは、未だ謎に包まれたままです。

海外メディアPhone Arenaが26日(現地時間)に伝えるところによると、「LS996」なる韓国LG製の ”未発表端末” が、米FCCの認証を正式に通過していたことが明らかになった、とのことです。

記事153.1

しかし、今回発見されたFCC上のデータから、この「LS996」に関して得られる情報は決して多くはありませんでした。その中で確実なのは、この端末の外形寸法の一部と対応する通信周波数くらいなものでしょうか。

またPhone Arenaは、このLS996が対応する3G通信とLTE通信の周波数や、「縦142×横71.2mm」という外形寸法がLGのどの既存の端末とも合致しないことを根拠に、米Sprintの新型キャリア独占モデルとして登場する可能性を指摘しています。

記事153.2

残念なことに、搭載されるOSの種類やバージョンすらも判然としないような現状。とはいえ、こうしてFCCの認証を通過した以上、近日中にも何らかの続報をお伝えできることと思われます。果たして、この謎の端末の正体や、いかに。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます