米Marvell、64-bit オクタコアSoC「ARMADA Moblie PXA1936」を正式発表 ―2015年上旬にも登場へ

果たして、QualcommやMediaTekの牙城をどこまで打ち崩すことが出来るのか。

今や、Android 5.0やiOS 8などの最新OSの登場により、SoCにも「64-bit OS」への対応が強く求められるようになりました。そんな最中、米Marvellから新たな64-bit 対応SoC、「ARMADA Mobile PXA1936」が正式に発表されることとなりました。

記事102.2

「PXA1936」の構造説明図

今回Marvellが発表した「ARMADA Moblie PXA1936」は、英ARMの最新64-bitアーキテクチャの一つ「Cortex-A53」をベースに開発されたオクタコアSoCになります。

また、全てのコアが1.5GHzで駆動するとのことで、そのパフォーマンスは米Qualcommの「Snapdragon 615」と同等程度のものとなることが予想されます。しかしながら、搭載されるGPUに関しては情報が開示されておらず、グラフィック性能に関しては未知数に。

記事102.1

そのほか、PXA1936の主な特徴は以下の通りになります。

  • フルHD(1920×1080)ディスプレイをサポート
  • 最大1,600万画素までのカメラセンサーをサポート
  • ビデオエンコーダー/デコーダーを実装
  • 電力効率に優れたオーディオコーデックを搭載
  • 様々な省電力機能やセキュリティ機能を実装

また上記に加え、統合されているLTE通信モデムは「TD-LTE」、「FDD-LTE」、「TD-SCDMA」、「WCDMA」、「GSM」の計5つの異なる通信規格に対応。グローバルモデルに搭載されるに相応しい、柔軟な接続性を確保しています。

さて、肝心の「ARMADA Moblie PXA1936」の登場時期に関してですが、海外メディアAndroid Authority曰く「2015年上旬」にも実際の製品に搭載されて登場する見込み、とのこと。

記事102.3

同じCortex-A53ベースの64-bit オクタコアSoCの「Snapdrgaon 615」

果たして、現状QualcommとMediaTek一色に染まりつつある版図を、どれだけ塗り替えることが出来るのか。Marvellの新たな挑戦に期待です。

[Android Authority]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます