世界初のMicrosoft Lumia端末「Lumia 535」、正式発表 ―約1万6千円

ついに、世界初の「Microsoft Lumia」デバイスの登場です。

11月11日の正式発表が予告されていた、米マイクロソフト初となる「Microsoft Lumia」端末となる「Lumia 535」がついに正式に発表されました。

記事62.1

今回発表された「Lumia 535」は、事前にリークされていた情報の通り、「ローエンド級」のスペックを搭載した端末となりました。以下、主なスペック。

記事62.2

OS Windows Phone 8.1
ディスプレイ 5.0インチ qHD(960×540)IPSディスプレイ
SoC Qualcomm 1.2GHz駆動 クアッドコア Snapdragon 200
RAM 1GB
内蔵メモリ 8GB
メインカメラ 500万画素(LEDフラッシュ搭載)
フロントカメラ 500万画素
バッテリー 1,905mAh
ネットワーク 3G通信(HSDPA)
ワイヤレス Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth 4.0
その他 microSDカード対応
カラーバリエーション ホワイト、ブラック、シアン、ブライトオレンジ、ブライトグリーン、ダークグレイ
外形寸法 140.2(W)×72.4(D)×8.8(H) mm
本体重量 146g

そのほか、「シングルSIMモデル」「デュアルSIMモデル」の2つが用意され、両モデル共にMicrosoft Office、Skype、OneNote、Cortana(一部地域)、15GB分のOneDriveストレージが実装されています。

さて、このLumia 535のセールス的な成否を決定付ける要素と言っても過言ではない販売価格ですが、「110ユーロ」(1万6千円)に設定される見込み。また、まず中国、香港、バングラディシュの3ヶ国より提供が開始されるとのことです。

ついにNokiaブランドに頼るのを止め、自社ブランドを掲げて新たに歩を進め始めたマイクロソフト。この判断が吉と出るのか凶とでるのか。今後の「Microsoft Lumia」の動向に要注目です。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます