米マイクロソフト、「Skype for Web」の提供を開始 -webブラウザ上でリアルタイムなビデオ通話を実現

通話品質がどうなるか。実に気になるところです。

14日(現地時間)、海外メディアVentureBeatか伝えるところによると、米マイクロソフトが「WebRTC」を採用した新サービス、「Skype for Web beta」の提供を開始したことを正式に発表した、とのことです。

記事91.1

そもそも「WebRTC」(Web Real-Time Communication) とは、「対応するwebブラウザ上における、全てのユーザーに対するプラグインの導入を必要としないリアルタイムな音声・ビデオ通話とデータの共有機能の提供」を目指して生み出された、「オープンソースなAPI」 のことを指します。

さて、今回マイクロソフトが発表した新たなwebサービスも、やはりこのWebRTCを利用したものとなり、一切のプラグインを必要とすることなく、webブラウザ上でのリアルタイムなビデオ通話を実現させることを目的に開発されています。

eeew

しかしながら、今回提供が開始されたのはあくまでも不完全な「ベータ版」であり、少なくとも ”現時点では” 専用プラグインを導入する必要があることが、マイクロソフトによって明らかにされています。

また、このSkype for Web betaは、現状「Internet Explorer」(IE)上でのみの動作に限定されているものの、最終的には「Firefox」、「Chrome」、「Safari」などの全ての主要ブラウザへの対応を果たす計画であることも明らかに。

記事91.2

そのほか、今回のベータ版を実際に利用することが出来るのは一部のユーザーのみに限られるとのことで、世界中のユーザーがこのサービスを手にするには、まだしばしの時を要する模様です。

仮にこのWebRTCの普及が順調に進むことになれば、我々に更なる利便性をもたらすwebアプリやwebサービスが今まで以上に数多く登場することになりそうで、実に楽しみな限りです。

[VentureBeat]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます