未発表モトローラ製端末「motorola TBD」のベンチ結果が発見される

実際の製品は、「Lollipop」を携えて登場することに期待してもいいのでしょうか。

8日(現地時間)、海外メディアNeowinが伝えるところによると、ベンチマークの老舗であるGeekBenchのデータベース上に ”未発表のMotorola製デバイス” の情報が、登録されていることが判明しました。

記事47.1

※拡大クリック推奨

今回発見されたスペックデータには「motorola TBD」という端末のコードネームとベンチマークスコアが記載されており、シングルコアとマルチコアのスコアはそれぞれ「434」「1148」。なお、同時にスペックに関するいくつかの情報も明らかになっており、OSやSoCのメーカー詳細・搭載RAM容量などが判明しています。

OS Android 4.4.4 KitKat
SoC Qualcomm 1.19GHz駆動 クアッドコア SoC
RAM 1GB

このSoCは64-bitアーキテクチャ採用の「Snapdragon 410」である可能性が高いとみられており、この「motorola TBD」が「Moto G」あるいは「Moto E」の後継モデルとして登場する可能性があります。

記事47.2

「Moto G」(左)と「Moto E」(右)

[Neowin]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます