中国Oppo、年内にも「Oppo U3」なる新端末の投入を計画か

どうやら、年内にも登場に期待が持てそうです。

つい先日、回転式カメラを搭載した「N3」と、4.85mmという驚異的な薄型デザインを実現した「R5」を同時に世に送り出したばかりの中国Oppo。しかし今回、早くもそれに次ぐ「第3」の新機種の情報が、新たに発見されたとのことです。

上の画像は、GFXBenchのデータベース上に登録されていた「Oppo U3」なる未発表デバイスのスペック情報になります。

「4.6インチ」という小振りなフルHD(1920×1080)ディスプレイに加え、SoCにはMediaTek製のオクタコアSoC「MT6752」を搭載。そのほか「2GB」のRAMに、メインカメラには「4K撮影」対応の1,200万画素センサーを採用するなど、ミッドレンジ級の端末としては中々に充実したスペックとなっていることが、分かります。

R5 1

「Oppo R5」

しかし一方で、推定される内蔵メモリの容量が「4GB」と、他のスペックの水準とは酷く不釣り合いなものとなっている点が気に掛かります。単なるデータ記載ミスなのか、それともこのデータはテスト端末のものなのか。はたまた、本当に「4GB」の内蔵メモリを搭載しているのか。残念ながら、現時点ではそれを判別する術はありません。

ともあれ、海外メディアGSMArena曰く、この「Oppo U3」は年内にも登場する見込みとのことですので、今は大人しく続報を待ちたいと思います。

[GSMArena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます