パナソニック、新型自撮り特化スマホ「ELUGA S」をインドにて正式発表

是非とも、インド市場で大きな成功を収めて頂きたいところです。

日本の個人向けスマートフォン市場からの撤退を表明し、次の活躍の舞台にインドを選択したパナソニック。今回、海外メディアThe Droid Goblinが伝えるところによると、そのパナソニックが「ELUGA S」なる新型スマートフォンをインドにて正式に発表したとのことです。

記事88.1

今回パナソニックによって発表されたこの「ELUGA S」、その最大の特徴としては、今流行りの「自撮り」性能に注力した端末に仕上げられている点が挙げられます。以下、伝えられるところの主なスペック。

OS Android 4.4 Kitkat
ディスプレイ 5.0インチ HD(1280×720)IPSディスプレイ
SoC MediaTek 1.4GHz駆動 オクタコアSoC
RAM 1GB
内蔵メモリ 8GB
メインカメラ 800万画素(LEDフラッシュ搭載)
フロントカメラ 500万画素
バッテリー 2,100mAh
ネットワーク 3G通信対応(HSPA+)
ワイヤレス Bluetoot 4.0
Wi-Fi 802.11 b/g/n
その他 microSDカード対応(最大32GBまで)
GPS搭載

そのほか、「Blink Play」という自撮り向けの機能が搭載されているとのことですが、これは「撮影対象のまばたきを検知してから3秒後に、自動でシャッターを切る」という機能とのこと。また、片手での操作を容易にするパナソニック独自のカスタムUI「Fit Home UI」や、ダブルタップで端末のロックを解除する「Kwik Lock」などの様々な独自機能を実装。

さて、気になる価格と登場時期に関してですが、「11,190インドルピー」(約2万1千円)にて、「11月第3週」より販売が開始されることになります。

記事88.2

インドに軸足を移したことが果たして正解だったのか、否か。パナソニックの今後を占う試金石の一つが、今新たな挑戦の幕開けを迎えようとしています。

[The Droid Goblin]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます