これは、パーティーグッズとしてもなかなか人気を博しそうに思えます。

15日(現地時間)、海外メディアAndroid Authorityが伝えるところによると、フランスのスタートアップ企業であるPryntが、手持ちのスマートフォンにまるで「ポラロイドカメラ」のような機能を与えるスマートフォンケースの開発に成功したことが発表されたとのことです。

記事2.2

こちらが「Prynt case」。画像を一見してすぐに、このスマートフォンケースがどういうものなのかをご理解頂けたのではないでしょうか。お察しの通りこのPrynt caseは、Bluetooth通信を介して接続されたスマートフォンから撮影された画像を受信し、それを即座にプリントアウトするというまさに「現代版ポラロイドカメラ」とでも呼ぶべきアイテムとなっています。

また、現時点の最新試作モデルにおいては、一度に一枚のプリントアウトしか出来ない上に、一枚印刷するのに「約50秒」もの時間を要してしまうとのこと。しかし、最終製品版では印刷時間を「30秒以下」にまで短縮し、30枚もの専用プリント用紙をケース内に収容できるようにすることが明言されました。

記事2.3

専用カメラアプリを利用してビデオメッセージを録画している様子

そして、さらにこのPrynt caseを興味深いデバイスに仕立て上げているのが、搭載された「AR機能」の存在です。ユーザーは専用のカメラアプリと連携することで、プリントアウトした写真にAR機能を介して「ビデオメッセージ」を仕込むことが可能になります。

つまり、写真を受け取った側の人間が、専用カメラアプリを起動した状態でその写真をスマートフォンの画面内に収めると、あらかじめ録画されていたビデオメッセージが自動再生されることになる、という寸法です。

さて、PryntのCEO曰く、このスマートフォンケースは来年にも「99ドル」にてKickStarter上での販売が開始されるとのこと。また現時点では、「4インチ級」のフラッグシップデバイスに対してのみ装着が可能とのことですが、目下「ファブレット級」のデバイスに対応するケースの開発が進められていることも明らかに。

記事2.1

今なおポラロイドカメラには根強い需要が存在していることを鑑みるに、仮にこの「Prynt case」が日本で発売されれば、少なからぬ人から好意的な反応をもって受け入れられるような気がするのですが、どうでしょう。

[Android Authority / Pocket-lint]