追記(23:38):本文中の記述を一部訂正させて頂きました。

まさに、「次世代型のモンスター端末」と言えるでしょう。

海外メディアPhone Arenaが24日(現地時間)に伝えるところによると、米Qualcomm最新SoCとなる「Snapdragon 810」を搭載した、”開発者向けのリファレンスモデル”として「MDP 810 Smartphone」と「MDP 810 Tablet」が正式に発表された、とのことです。

記事137.1

今回発表された「MDP 810 Smartphone」「MDP 810 Tablet」はそれぞれ米Qualcommによって設計され、加Intrinsycによって製造された「開発者向けリファレンスモデル」のスマートフォンとタブレットになります(※MDP=「Mobile Development Platform」)。

全体的なスペックにおいて現行の水準を大きく上回る、まさに次世代型の端末に仕上げられているのが、実に印象的です。以下、両端末の主なスペック。

MDP 810 Smartphone

 

記事137.2

OS Android 5.0 Lollipop
ディスプレイ

6.17インチ WQXGA(2560×1600)ディスプレイ(490ppi)

(10点マルチタッチ対応)

SoC Qualcomm 64-bit オクタコア Snaprgaon 810
GPU Adreno 430
RAM 4GB LP-DDR4
内蔵メモリ 32GB
メインカメラ 1,300万画素(OIS / デュアルLEDフラッシュ搭載)
フロントカメラ 400万画素(AF搭載)
バッテリー 3,020mAh
ワイヤレス

Bluetooth 4.1

Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac

NFC

センサー

3軸 加速度計

3軸 ジャイロスコープ

3軸 磁気計(コンパス)

周辺光センサー

近接センサー

圧力センサー

気温計

湿度計

UVセンサー

Mobeamセンサー(※Mobeamについてはこちら

その他

GPS搭載

マイク×8 搭載(アナログ×2 / デジタル×6)

モノラルスピーカー搭載

「ぼくの考えた最強のスマホ」を地で行くハイスペック極まりない端末に仕上げられています。「Snapdrgaon 810」の搭載は当たり前として、4GBもの「LP-DDR4」メモリや、実に多彩な各種センサーも完備。全方位に隙のないリファレンスモデルとなっています。

MDP 810 Tablet

 

記事137.3

ディスプレイ

10.1インチ UHD(3840×2160)ディスプレイ

(10点マルチタッチ対応)

内蔵メモリ 64GB
メインカメラ

1,300万画素 デュアル3D IR(赤外線)センサー

(OIS / デュアルLEDフラッシュ搭載)

バッテリー

7,560mAh

センサー

3軸 加速度計

3軸 ジャイロスコープ

3軸 磁気計(コンパス)

周辺光センサー

近接センサー

圧力センサー

気温計

湿度計

その他 ステレオスピーカー搭載

上記に記載したスペック以外に関しては、基本的にMDP 810 Smartphoneと同一のスペックとなっています。大きな違いを挙げるならば、やはり「4K」解像度の10.1インチディスプレイの搭載や、「3D赤外線センサー」を実装したメインカメラの存在でしょうか。

また、このMDP 810 SmartphoneとMDP 810 Tabletの販売価格はそれぞれ「799ドル」(約9万4千円)「999ドル」(約11万8千円)に設定されているほか、既にIntrinsycの公式webサイトを通じての注文受付が開始されています。ちなみに、出荷開始は「12月中旬頃」とのこと。

記事137.4

さておき、周囲の予想をいい意味で裏切る早い時期での登場となったSnapdragon 810のリファレンスモデルですが、その性能もやはりいい意味で期待を裏切ってくれました。

こうなると、俄然CES 2015で発表されるであろう数々の新製品にも同様に「Snapdragon 810」が搭載されていることに期待してしまいますが、その予想だけが裏切られることのないよう祈るばかりです。

[Phone Arena / GSMArena / MDP 810 Smartphone / MDP 810 Tablet]